Jww_Cad 線を描く(複線と2線)

Jww_Cadでの線の描き方を練習してきましたが
みなさん簡単な直線はすでに描けるようになっていると思います。

長さ指定や、角度指定などいろいろな直線を描いて、
最後に、簡単な図形を作成していただいて、
それぞれの、扱い方もご理解いただけたものと思いますが
いかがですか?

今回からは、Jww_Cadの違った機能を使って
さまざまな線の描き方を練習してみたいと思います。




図面を作成する時や地図、案内図を描くときには、
平行した線を描くことがよくあります。

建築図面などでは、壁を描くときなどは、
頻繁に平行した線を描くことが多いですし、
地図や案内図を描くときにも、道路を示すための平行線を描くことが求められます。

地図や案内図の時には、同じ間隔で描けたら見た目もいいですし、
また、建築製図や機械製図などでは、精密な寸法を求められますから
間隔をあわせることは、必須条件といえるのではないでしょうか。

そんな時に便利なのが、『複線』とゆう機能です。

左ツールバーの中に『複線』とゆうタブがあると思います。
このタブを左クリックすることで、その機能を使うことができるようになります。

それでは早速練習してみましょう。

まずは、下の実際に複線を描く作業をご覧ください。

複線.gif


ご覧になっていかがですか?

実際の作業をご覧いただければ、お解かりいただけたと思いますが、
『複線』タブをクリックするだけで、簡単に平行線が描けましたよね^^

ご説明するよりも実際にみなさんでやってみてください。
ちなみに、今回の作業は全て左クリックだけで行えます。


Point!.gif
『複線』を描くときは、元の線を選択してから、間隔を入力してください。
作業動画では、プルダウンメニューから選択していましたが、
数値入力でも同じように、入力した間隔の複線が描けます。




次は、又違った平行線の描き方をご紹介いたしましょう。

上の複線では、一本ずつ描いていましたが、
これからご紹介する方法は、一度に2本の線を描く方法です。
このやり方なら、『複線』タブのように、同じ作業を繰り返さなくても
一度で終わりますから、作業効率もUPすること間違いなしですよ^^


それでは、下の作業動画をご覧ください。

2線(1).gif


いかがでしょうか。
ブルーの「一点鎖」の線を基準にして、1000間隔の線が一度に描けましたね^^
『複線』で描いたとしても、クリックの回数が数回増えるだけで、
そんなに変わりはないように思いますが、
コレが複雑な図面になればなるほど、時間が掛かってしまいますから、
やはり作業効率を考えると覚えておいたほうが、賢明ですね^^
ちなみに、今回も基本的には左クリックだけで作図できますが、
基準線と同じ長さで描くのであれば、
始点と終点で「点読取」を行えば、長さが揃いますよ。


Point!.gif
『2線』を描くときには、線間隔を入力してください。
入力方法は「1000 , 1000」のように、数値と数値の間にカンマを忘れずに!
数値入力時に、違った数値を入れれば、
上下の線の基準線からの間隔を変えることが出来ます。



今回はココまでですが、次回は、
『コーナー』タブの使い方を練習してみたいと思います。
これも作図作業では、とてもよく使う方法ですから、
ご覧くださいね(^_-)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック