スポンサーリンク

Jww_cad 図形の移動

前回は、図形の複写についてお話しました。
な〜んて、偉そうに言うほどのことでもありませんよね(^。^;)

操作方法と言っても、3つか4つですから、
画像だけでも、簡単に理解できる程度ですから
聡明なみなさんは、もうすでに、使いこなしてますよね(^-^*)

でも、複写が出来るだけで、
図面や地図などの作成時間が短縮されますから、
覚えておいて、損のない機能だと思いますよ^^

さて今回は、図形を移動させる方法ですが、
例によって、超簡単サクッ!といきますので
気楽にご覧ください^^

それでは始めましょう(^0^ )/

Jww_cadだけじゃなく、
ほかのキャドを使っていても、
描いた図形の位置を修正しなくてはならないことがあると思います。

例えば、建築図面だったら、建物の間取りが変更され、
キッチンの位置を変更する必要が発生した場合、
みなさんは、どうされますか?


一度図面上から削除して、また新たに作図しますか?

それとも、図形登録されているものを再び配置しますか?


どちらの方法も間違いではありませんが、
新たに作図するのは、とっても面倒ですし、
図形登録されているものを新たに配置したとしても、
以前のキッチンを消去しなくてはならないですから、
これも面倒な話ですよね…

そんなときには、今回紹介する『移動』とゆう方法を使うと便利ですよ^^

操作方法も簡単ですし、Jww_cadを使うんだったら、
ぜひ覚えておいていただきたい機能です。

それでは、『移動』機能の使い方を紹介いたしましょう。

太陽のような画像を使って説明しますね。

練習画像.gif

今は、中央に配置されていますが、
この画像を、右上に移動したいと思います。

@左ツールバーの『範囲』タブをクリックする。
A画像を囲むように範囲指定する。
B左ツールバーの『移動』タブをクリックする。
C移動したい位置に移動して、左クリックする。

移動に必要な操作は、以上です。

実際の移動作業をご覧ください。

idou.gif

とっても簡単に図形が右上に移動できたでしょ^^
この方法を使えば、間取り変更などがあっても、
簡単に図面の修正が行えます。

『複写』と違って、元の画像ごと移動しますから、
不要な図形の消去をする必要もありませんので、
時間短縮できると思いませんか^^

みなさんもこの『移動』機能を使って、効率よく作業してくださいね^^



Point!.gif

『移動』を使うときは、選択範囲を少し大きめにとること。

移動する図形を完全に選択範囲に収めないと
全てを移動することは、出来ません。

範囲選択内に文字が含まれる場合は、
選択確定時に、右クリックすると文字も移動できます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク




ファムビル錠