スポンサーリンク

Jw_cadで使う画像の編集

Jw_cadをとりあえず使えるように練習してきましたが
みなさん使いこなせるようになられてでしょうか?

Jw_cadで図面などを描き、
それをもとに、プレゼン資料として、
画像などを貼り付けることも多いと思いです。

そこで今回は、無料で使いやすい
画像編集ソフトをご紹介したいと思います。

ともかく無料で簡単に使えますから、
内容を確認して、挑戦してみてください。



Jw_cadだけでなく、
いろんな場面で画像加工を行うことは多いと思います。

例えば、フォトフレームなどに使用する画像を編集してみたり、
Webサイトに使用する画像を切り取って、貼り付けたり、
地域活動やサークルなどの配布資料などを作るときにも、
ちょっとした画像やイラストなどを使うことは、ありますよね。

そんなとき、多くの方は、Windows標準搭載の
フォトビューアーを最初に使うと思います。

でも使ってみてどうですか?

・・・

・・・ ・・・

・・・ ・・・ ・・・

いまいち、思うような編集ができないと思いませんか?

私も、パソコンを使い始めた当初は、

「これしか無いものだ」

と思い込んでいましたので、
半ば、諦めモードで、画像加工を諦めていました。

それでも、諦めきれずに、
ネット検索して、無料で使えるものの存在を知り、
そこから、いろんなものを試しました。

高性能を謳ったものから、
ともかく簡単とゆうものまで、
沢山のソフトを試した結果、最終的に行き着いたのが、
こちらでした。^^

pictbear.bmp

実は、このソフトは、そんなに新しいものではなく、
かなり前からあるものなのですが、
今でも、細かな修正が行われ進化し続けているものなんです。

私が使っているバージョンは、
Pict Bear 1.74』とゆうバージョンなんですが、
今は、2.04と進化し、大幅に機能がアップして、
以前のものに比べて、より細かな設定ができるようになり、
高性能化が図られています。

これにより、これまでのバージョンではできなかったような
画像を作り上げることもできるようになって、
見たときのインパクトもよくなったと思います。

今回紹介した画像もPict Bearを使って加工した画像ものなんでんですよ。^^

このように、簡単にきれいな画像を作ることもできますし、
Webサイトで使用するリンク用のバナーなんかも、
簡単に作ることができるので、
ブログなんかで使うと、見ている人に
優しいブログにすることだって、できますよね。^^

例えばこんな感じです。

Jw_cad234.bmp

この画像だけでも、文字に赤い影を付けたり、
角を丸くするなどの加工を施して有ります。
こんなことだって、簡単にできちゃうんですよ。^^

また、配布資料なんかでも、
説明文と共に、見やすい画像などを使うと、
より説得力のあるものにすることもできますよね。

このように画像加工も使い方次第で、
もっと世界が広がるかもしれませんので、
ぜひみなさんも使ってみてください。

また、今後も、このような無料で使いやすいものを
紹介していきますので、ご期待ください。(^_−)−☆

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447699647
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク




ファムビル錠