スポンサーリンク

Googleを騙る詐欺サイトにご注意を!!

Googleを騙る詐欺サイトがあることをご存知でしょうか。

すでに多くの方が被害に遭われているようですので、
この記事をご覧のみなさまは詐欺被害に遭わないように
十分注意してください。



問題の詐欺サイトは、ネットサーフィン中に突然詐欺ページに飛ばされるという手口になります。
普通にネットでいろんなサイトを閲覧していると、いきなり読込が始まり詐欺サイトに誘導されるので、この時点で十分怪しいのですが、サイト名が

Googleメンバーシップ・リマンダーとなっているのと、

サイト構成なども巧妙に偽造されているので、信用してしまう方も多いようです。

その内容は下記の画像のようなものですので、目に焼き付けておいてください。

Googleメンバーシップ・リワード500-1.bmp

ご覧のようにいかにもGoogleの公式サイトのような構成ですが、真っ赤な偽サイトです。
サイトの内容を見てみましょう。


Googleユーザーのあなた、おめでとうございます!
(1)件のGoogleギフトが当選しました!


毎週 日曜日 水曜日 幸運な10名のユーザーが1日に一度無作為に選ばれ、スポンサーからギフトが進呈されます。
これは当社製品やサービスに対するご愛顧への感謝の印です。

[iPadなど、プレゼント商品名が数点紹介されています]中からお選びください。

賞品を受け取るには次の3つの質問にお答えください。
※注意 10名の無作為に選出されたユーザーがこの招待状を受け取っており、賞品は限られた数のみとなっております。


ほかの幸運なユーザーに賞品を受け取る権利が移行するまで 1分 30秒です!
幸運をお祈りします!



このような内容の文面が表示され内容を確認すると、いかにもGoogleがユーザーに対して無料でプレゼントを配布しているように勘違いさせる文面ですが、この文面の中におかしな点が幾つか見受けられます。

まず一つ目は、Googleにスポンサーなど存在しないという点です。
Google はご存知のようにアメリカの営利企業であって、株主などの出資者はいてもスポンサーは存在しないのです。

二つ目は、無作為に選出されたはずなのに、受け取りの権利が次のユーザーに移行するとはおかしな話です。
無作為に10名が選出されたのなら、その人たちだけに権利が発生しているはずなのに、次点のユーザーが選出されているというのもおかしな話ですし、数分単位の時間制限がされているのもおかしな点です。
これは時間的な制限を設けて、正常な判断能力を奪う詐欺師の典型的な手口です。
Googleが運営する公式サイトでこのような手法を取り入れているページは存在しません。

このように冷静に見ていけば、詐欺を目的としたフィッシングサイトであることは容易に判断できるのですが、人間の心理として社会的に信用されている大企業などの名を見ると安心してしてしまう傾向があり、不審な点があっても引っかかってしまう傾向があります。

この詐欺サイトもそうした人の心理に付け込んだものなので十分注意してください。

仮にこのような詐欺サイトに誘導されたとしても、こちらが何のアクションも起さず、すぐに閉じてしまえば何の被害も発生しません。
対策として一番有効なのが、アドレスバーに表示されるサイトURLを確認することです。
Google の公式サイトなら「https://www.google.com/」から始まるのが普通ですから、ここを確認することで偽サイトだと見破ることができます。
これはほかの企業サイトでも同じことが言えますので、いつも使っているサイトでもレイアウトがおかしかったりしたら、アクションを起す前にURLを確認するようにすると詐欺被害を未然に防げる可能性が高くなりますので、みなさんもURLを確認する癖をつけるようにしてください。

今回ご紹介したGoogleを騙った詐欺サイトですが、そのひとつのURLを掲載しておきますので、よく確認してください。

https://prizemediayou.com/lands⅟jptetgool/index.phttps:
//prizemediayou.com/lands⅟jptetgool/index.p

ご覧のようにURLの冒頭部分がGoogle公式サイトとはまったく別物なのがおわかりいただけるでしょう。

ここまでご紹介しても、仮の仮の話として、詐欺サイトにクレジットカード番号などを入力してしまったときは、間髪いれずにカード会社に番号変更などの手続きを行うようにしてください。
残念ながら、一度流出してしまった個人情報を取り返すことは不可能ですから、怪しげなサイトでの個人情報の入力は慎重な上にも慎重に行ってください。

そもそも、無料などでものを配布するなんて、おかしいと疑ってかかるべきだと思いますので、つまらない詐欺被害者にならないようにみなさんも十分注意してくださいね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク




ファムビル錠