新たな記事を追加しました。

初心者でも超簡単 Jw_cad』に新たに記事を追加しました。
と言っても目新しいものじゃなく、
座標ファイルの使い方を一つ追加したんです。
これまでにも座標ファイルの使い方の
基本的なところは掲載していたのですが、
サイトを見直してる中で、
まだ紹介していない使い方がいくつかあることに気付いて、
今回新たに記事を書いて掲載させていただきましたので確認してください。


新たに掲載した座標ファイルの使い方は、
座標ファイル書込』という機能についてです。

この機能は、図面でよく使う図形を描いたとき、
簡単にその図形を座標ファイルにしてくれる便利な機能なんです。

通常は、Windousのメモ帳などに数値を書き込んでいかなくてなりませんが、
座標ファイル書込』を使えば、
そんな面倒なことをしなくても済みます。

ちょっとした使い方と注意事項さえ守れば、
数回のクリックだけで自動で座標ファイルに変換してくれるんですから、
こんな便利なものをまだご紹介していなかったなんて、
ご覧いただいているみなさんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
(-。−;)

でも今回こうしてご紹介するページをアップロードできたことで、
少しはみなさんのお役に立てればと思っているところですし、
今後もサイト内容を見直す中で、
抜けているものも掲載するように努力していきますので、
今後ともよろしくお願いします。
m(__*m)ペコッ

新に追加したページへのリンクを掲載しておきますので、ご確認ください。

 Jw_cad 座標ファイル書込の使い方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク