新たに勉強される方が増えてる?

今年に入ってから日本にも新型コロナウイルスが中国の武漢から持ち込まれて、感染が拡大するにつれ、外出自粛や人との接触機会の削減など、今まで培ってきた人とのコミュニケーションの在り方が根本的に問われるようになって、各業界でテレワークの推進が進められるようになって、図面を扱う様々な業界でも図面のやり取りがネットワーク上で行われるようになり、Cadの必要性が改めて見直されているようで、最近も新たにJw_cadを覚えたいという人が増えつつあるようです。
私のサイトにも
「今勉強しています。」
というようなコメントが届けれることが多くなり、無料図面枠のご請求数も以前より若干増えたように感じます。


私も知り合いの会社の社長さんにお願いされて、今その会社の社員さんにJw_cadの基本的な使い方をお教えしているんですけど、本来の仕事をしながらなので、中々スムーズにお教えすることができていないというのが正直なところです。

でも徐々にその方も慣れてこられたようで、簡単な図面のトレースくらいならできるようになってきていますので、そろそろご自身で図面を描く練習を始めていただこうかと思っているところです。

今回は知り合いの社長さんからお願いされて、特別にお教えされていただいたのですが、基本的には私のサイト『初心者でも超簡単 Jw_cad』でご紹介させていただいている内容ですから、その方にも自宅で練習を続けられるときは、このサイトを参考にしていただくようお願いしています。

実際、私が拙い言葉でお教えするより、サイトを見ながら練習していただいた方が分りやすいいんじゃないかと思ってるくらいですし、サイトをご覧いただいている方からのご意見の中にも、

「とってもわかりやすくて、今回は使えるようになれそうです。」

というような嬉しいコメントも数多くいただいていますので、それなりに評価はいただけているんだと自己満足しています。
(*≧ω≦* )デへ
Jw_cadの最大の特徴は何と言っても”無料で使える”ということです。
ほかのキャドソフトは、有料で、しかも中には驚くような価格のキャドもあるようですね。

公共事業を手掛けるような会社では、好むと好まざるとに関わらず、官庁指定のAUTO Cadを使わなくちゃならないので、泣く泣く導入される企業も多いようですが、今求められているのは、コストを低く抑えつつ、ネット上でやり取りできるツールですし、そのために高価なキャドを導入するなんて、ナンセンスですよね。

Jw_cadは、最初建築用に開発された無料Cadソフトでしたので、建築関係の中小企業を中心にその利用者数を増やしてきた経緯がありますので、特に建築関連業種の方にとっては、馴染み深いCadソフトになっていました。

でも最近では、無料ということで、個人の方でも自宅の改装用の図面を描くためにダウンロードされる方も多いようですし、再就職のためにJw_cadの使い方を練習される方も多くお見受けするようになってきています。

それに加えて、このコロナ過でテレワークの促進が言われているところですから、その一環としてJw_cadの使い方を学ばれる方も多くなっているように見受けられます。

私のサイトがそんな方々の一助となっているのであれば、嬉しいのですが、まだまだご紹介しきれていないところもあると思いますので、これからもより良いサイトとなるよう努力していきますので、みなさんからも良くなるご提案がございましたら、お聞かせいただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

こちらのブログにコメントを残していただいても結構ですし、サイトのメールフォームに書込んでいただいても結構ですので、よろしくお願いいたします。

また急速に新型コロナウイルス感染が拡がりつつありますので、みなさまにおかれましても感染への備えを万全にしていただき、日々お健やかに過ごされるよう願っています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。