簡単にQRコードを作る方法

最近は、いろんなところでQRコードを見かけますよね。
QR.bmp
超簡単! Jww_cad

スマホを使ったキャッシュレス決済にも使われているので、もうお馴染みですよね。

以前は、Webサイトの紹介なんかによく利用されていたので、QRコードを読み取って、サイトにアクセスしたりしたことがあると思います。
でも、QRコードを使うには、まずQRコードを作らなくてはなりませんが、作り方を知らない人にとっては、この時点で、お手上げになってしまっていた方も多いと思います。
でも今は、簡単にできるようになっているのをご存知ですか?


みなさんの中には、お店や会社のホームページを運用されている方もおられると思いますが、みなさんはQRコードを活用されていますか?

このブログや私の運営している『初心者でも超簡単 Jw_cad』でもQRコードでサイトURLを簡単に読み取れるよう掲載していますので、お気付きの方も多いと思います。

掲載してあるQRコードもネット上にある、QRコード作成サイトを利用させていただいて、簡単に作らせていただいたのですが、これもQRコードを使いたいと思って探さないと見つけることもできませんし、そもそもそんなサイトがあることを知らなければ、探すことすらしないと思います。

また、仮に見つけたとしても、使い方が分からなくては、QRコードを作ることもできませんよね。
私も当初は、QRコードを作れることを知りませんでした。
でもネットでサイトの作り方を検索してるときに、たまたま見つけて、ちょっと覗いて、後々役に立つんじゃないかと思って、ブックマークしておいたのが役立って、サイトURLをQRコードで紹介できるようにして、ブログやWebサイトに掲載しだしたんです。

こうすることで、スマホなんかでQRコードを読み取ってもらうだけで、簡単にサイトを見てもらえるようになるので、認知度もすこしは上がるんじゃないかと思っています。

最近では、いろんな扱い方をされるQRコードですが、スマホ決済が増えたことで、それまでQRコードを活用していなかった人も活用するようになり、益々普及するようになりましたね。
(^^)
でもサイト閲覧中にそのサイトのURLを書き留めたりして、ほかの人に伝えたいときってありませんか?
そんな時みなさんならどうされますか?

URLをメモに書留て知らせますか。
それともスマホやタブレットでブックマークして伝えますか。

いずれにしても、知らせた方が、実際にURLから検索するほかにアクセスすることができないので、相手の方にとっては、ちょっと面倒だと思われるんじゃないでしょうか。

そこで、今回ご紹介したいのが、ブラウザで閲覧中にそのページのURLを簡単にQRコードに変換できる機能なんです。
それは、Google Chromeで、できることなので、まだGoogle Chromeをインストールしてない方は、Google Chromeのインストールから始めてください。

Google Chromeダウンロードはこちら

ダウンロードしたら手順に従って、インストールし、Google Chromeを使えるようにしてから、続きをご覧ください。


さて、みなさんGoogle Chromeのインストールは、お済みですか。
それでは、超簡単に閲覧中のページのQRコードの作り方をご紹介しますね。
(^_-)-☆

とりあえずGoogle Chromeで見たいページを開いてください。
開けたら、上部のアドレスバーの何も書かれていないところを左クリックしてください。

QR1.bmp

するとアドレスバーの右端に『QR2.bmp』こんなマークが現れます。

QR3.bmp

後は、このマークを左クリックするだけで簡単に閲覧中ページのQRコードが生成されて、画面上に現れますので、ダウンロードして、使えばいいだけですから、簡単でしょ。
(o^―^o)ニコ

QR4.bmp

これならどんなページでも簡単にQRコードを作ることができるので、伝えるほうも伝えられる方もストレスなくページを閲覧することができるようになるので、何か必要な情報を伝えるときでも、スムーズに伝えることができますよね。
^^
ちなみにご覧いただいているQRコードは、Google Chromeのダウンロードページのものです。

このほかに、自分のサイトやブログを紹介するためにQRコードをつくりたいとき使うと便利なサイトもご紹介しておきますので、サイトの紹介用やイベントページの紹介など、いろんなシーンで活用してくださいね。
(^_-)-☆

QRコード作成サイト

QRコードの使い方は、いろいろあります。
例えば、薬局などで調剤していただいたものをスマホで管理するお薬手帳などに薬の成分や用法容量などを書き留めておくためにQRコードを活用されてるように、文字や画像なんかもQRコードに埋め込むことができるので、みなさんの使い方に合わせて、ご活用ください。

但し、常識の範囲でお願いしますね。
(^_-)-☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。